頭の中ではいつだってピロピロなっている

ボール、カーペット、ブラックラット飼育、自作PC、メタル音楽etc...思ったことやその日の出来事を乱雑に書き殴っていきます

07月 « 2020年08月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31  » 09月

PCオーディオ(プアオーディオ)はじめました

2015年 02月15日 21:00 (日)

tttt.jpg

ふらっとオーディオ屋に立ち寄って色々視聴したところ、HarbethのHLcommpact7es3の音に感動。
エリッククラプトンのアンプラグドライブの音源だったでしょうか、
ギターの箱なり感や芯の通った弦の高音の煌びやかさ、ボーカルの熱気まで感じる音の生々しさが圧倒的だったのでこのメーカーに決めた!と思い物色。P3ESRにしました。(まあ本命は予算上・・ね。)

しかし、現在まともにオーディオを聴く環境が揃っていないという状況・・・。
SP代が20万程度と考えてその他アンプ等機材は出来る限り安く揃えることにした。
お金貯まったらLUXMANの真空管アンプでも買います・・

で備忘録的な感じでまとめ
ちなみに PC(サウンドカード)RCA出力→デジアン→スピーカーとなってます


スピーカー(Harbeth P3ESR)HLcommpactに比べるとモニター調だが、しっかりしたアンプで押してあげればちゃんとハーベスの音は出る。
賃貸マンション住まいのニアフィールド用途なんでこれくらいで満足です。

ソフト:foobar2000機能に関しては様々なブログで紹介されているのでそれらを参考に設定しました。
・既存のCDをflac形式で取り込み。
・再生時はwasapi排他モード(push)で。
・基本的にイコライザは使わない
こんだけでとりあえずは十分。

サウンドカードの新調
aim SC808
出力端子が豊富で後々色々と融通が利きそうだったのと、cleative soundblasterのようなドンシャリサウンドじゃない割と素直な音だったので選択。
そして購入したスピーカー(P3ESR)と同じくイギリスに本社を置くWolfson社のDACであるWM8741GEDS(192kHz32bitのハイレゾ音源対応)を積んでいたってのも決め手。やっぱ同国のもの同士って相性良さそうじゃないですか。
あと保証は切れるがオペアンプ交換することで音色変化が楽しめる。デフォルトではNJM4580D。

そして迷ったアンプ・・・予算の関係上妥協しました。
FX-AUDIO- FX1002A NFJ追加カスタム版
所謂中華デジアンのカスタム版です。出力160wのパワフルなアンプです。
同じく中華D級アンプのLP-2020A+も評判が良かったので欲しかったけど、P3ESRは能率が低くて柔なアンプでは鳴らせないんですよ。音がうわずっちゃうんで

で、めんどくさかったのが電源探し。
24V~36VのACアダプタが必要だった。
ハードオフのジャンクコーナー物色しまくったが丁度いいもんは見つからず、マルツパーツで1Aのへぼいスイッチング式を買って使うことにした。



肝心の音はというと・・・パワー不足。
音が奥に行っちゃってる。もっとズドンと押し出してあげなきゃこのSPは真価を発揮できない。
お金がかかる我が儘な子ですよ。
さらなるオーディオ環境構築は引っ越し後のお楽しみとしておきます。
スポンサーサイト



テーマ : オーディオ
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント